アリバイ会社で対策

身バレを防ぐためにモニター確認は有効的な手段ですが、それ以外にも対策を行うホテヘルもあります。それはアリバイ会社と呼ばれるもので、アリバイ会社を利用することでどういった対策が出来るのでしょうか。

アリバイ会社はダミーの名刺作成を行っており、その名刺には会社名、自分の名前はもちろんのこと、電話番号やメールアドレスなども記載されています。そのため、名刺をパット見ただけでしたら一般企業の名刺と間違えてしまうでしょう。そのため、会社勤めをしている振りが出来るのです。

しかし、電話番号やメールアドレスも記載されていますが、それらに連絡があったらどうなるのでしょうか。その番号に電話をかけるとアリバイ会社のスタッフが、「本人は席を外しておりますので、改めて電話を差し上げます」と対応してくれるのです。そのため、バレることはありません。さらに、メールアドレスは携帯のメールに転送されますので、そのままメールのやり取りも出来るのです。

また、アリバイ会社は給与明細などのダミーも用意してくれるので、より身バレを防ぐことが出来るでしょう。しかし、これらの書類はあくまでダミーですので、クレジットカードの契約などに使用することは出来ませんので注意してください。

《関連サイト》汝々艶十三店 | 大阪の風俗求人サイト【汝々艶】
アリバイ対策をする為、一般企業の名義を取得してる風俗求人サイトです。

モニター確認で対策

ホテヘルとデリヘルは、お客さんがサービスを利用するまでの流れが異なります。ホテヘルには受付が存在しますので、お客さんは受付で写真を見て女性を選びます。そして、受付のスタッフにプレイ料金を支払ってからラブホテルへ移動し、その後にプレイが始まるシステムです。そのため、受付を必ず利用しなければなりません。

この受付がポイントとなっています。多くのホテヘルの受付にはカメラが設置されており、このカメラの映像は女性の待機部屋のモニターに映されており、女性が確認することが出来ます。そのため、どういったお客さんがやって来るのか分かるのです。この時点で知り合いなど身バレに繋がるような相手だった場合、キャンセルをすることが出来ます。

ホテヘルをはじめとした店舗型の風俗店は、こういったモニターのチェックができる場合が多いです。身バレを特に気にする場合には、求人に応募する際にモニターのチェックができるかどうか確認すると良いでしょう。

一方、デリヘルは電話でお客さんとやり取りをしますので、お客さんを電話番号で管理しています。過去に来店したことがあれば、どういったお客さんだったというざっくりとした情報は手に入るかもしれませんが、自分が対応していない限り姿が分かりませんので、確実に身バレを防げるとは言い難いでしょう。

風俗求人は身バレが心配

風俗アルバイトにおいて最大のメリットとは、未経験でも高収入が得られるということでしょう。そのため、これまで我慢していた海外旅行やブランドアイテムなどの贅沢が出来るのです。しかし、風俗とは性的なサービスを行うお店であることから、非常に特殊な仕事内容と言えるでしょう。そのため、何としてでも彼氏や家族、知り合いなどに知られたくないという方は多いものです。風俗で働くのであれば身バレ対策を行わなければなりません。

風俗求人を見ていると近年はデリヘルなどの無店舗型ヘルスが急増していますが、店舗型と無店舗型だとどちらの方が身バレのリスクが低いのでしょうか。ホテヘルとデリヘルはどちらもお店にプレイルームがありませんので、プレイはラブホテルなどで行われます。しかし、ホテヘルとデリヘルはお客さんが利用するまでの流れが異なります。

ホテヘルは受付がありますがデリヘルは受付がありません。デリヘルの場合、お客さんはお店のホームページや風俗ポータルサイトなどを見て女性を決めて、ラブホテルにチェックインしてからデリヘルに電話をします。つまり、キャストはお客さんと対面するまでどのような相手なのか分かりません。そのため、ラブホテルに入室してみたら知っている相手と対面する可能性もあるのです。

しかし、ホテヘルはそういった部分への対策が整っています。さらに、アリバイ会社を用意して、より身バレを防ぐホテヘルも存在します。こちらではホテヘルの行う身バレ対策をご紹介するので、お店探しの参考にしてください。